フィールドレポート

アルファタックルテスター&エイテック社員ブログ 釣果情報や新製品フィールドテストなどetc・・・

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスワカサギ at 山中湖

12月24日。

いわゆるクリスマス・イブですが・・・

我がエイテックのワカサギ有志の面々は、男だらけで楽しくワカサギ釣りに行ってきました。



1.富士

山中湖からの富士山は、相変わらず秀麗な姿。
しかも、とても近く大きく見えるのです。



2.Mさん

沼津本社勤務のMさん。
3匹掛けは見事です。


3.A山さん

こちらも沼津勤務のA山さん。
ワカサギ釣りには、とにかく熱を入れています。
自作の道具も・・・



4.アイスマン

我が愛竿は、もちろんアイスマン。
山中湖ではM/Lを使うのがベーシックですが、今日はS/Mを使ってみました。



5.グリップ

今年のアイスマンシリーズでは、ドーム船に最適な
「アイスマングリップ EVシリーズ」もラインナップされています。
四角くて平べったい形状なので、ドーム船で台などに置きやすく、
頃合の大きさのEVA製なので「叩く」動作がしやすくなっています。
(アイスマングリップ EVシリーズ 全4色 標準小売価格 2500円)



6.S森さん

ドーム船の中は、寒~い外とは大違い。
ついついウトウトしてるのはS森さん。
しかし、M丸さんいわく「今年のS森は頑張っていた」そうです。



7.テル

私も頑張っておりますが・・・
大きな声では言えませんが・・・とある理由で出遅れまして・・・
朝の一番いい時間を逃してしまいました・・・。



8.よっしー

栄えある今年のチャンピオンは、総数191匹を釣り上げた
営業部のホープ?「よっし~」でした。



9。高村社長

そして今回お世話になったのは、山中湖の「湖明荘」さん。
高村社長は、とても親切で楽しく、的確なアドバイスをしてくれます。
ありがとうございました。

湖明荘HPはコチラ



ワカサギドーム船の発祥の地と言って良い山中湖のワカサギ釣りは、今季好調!
当日も、名人クラスの人は500匹!
まだまだ楽しめそうですが、大人気につきドーム船の予約は早めにしたほうがいいですぞ!



当日のタックル

ロッド アイスマンFSトップ S/M(またはM/L)
道糸 PE0.2号
仕掛け ドーム船用6本針
オモリ 1.5号
エサ 紅サシ


おまけ・・・タメになる?ワカサギ講座

その1)
現在釣れるワカサギは、当歳魚(今年の春に生まれた魚)で、5センチくらいと小さいものが主体。
従って、針は小さめのものを使うと良いです。
前出「よっし~」は1号の針を使っていたそうです。
私の見たところ、我々の他のメンバーと比べて、最も違う点はソコだったと思います。
ちなみに私が使っていたのは1.5号。「アタったけどノラない」ってのが多発してました。

その2)
オモリは、軽ければ良いというものではない、とは湖明荘の高村社長の言。
湖流(湖の水の流れ)が強い時は2号以上を使い、
オモリで水底を小突いて泥ケムリを立てるようなイメージでやると良い。
底よりやや上にいるワカサギは、その泥ケムリを見て、ヤル気を出して
底のほうへビュッ~とエサを食べに来てくれるそうです。
(高村社長は水中カメラでそのような様子を観察したりしてるそうです)
ちなみに、湖流が強い時は、1号オモリだと流されて他の人とオマツリする時もあります。
1号から4号くらいまで各種用意して、状況に応じて使い分けるのがGOOD!
注:1号は3.75グラムです。

その3)
基本的には、底の釣りなのですが、食いが渋い時はオモリを底ベタに付けた状態で、
穂先のテンションがほぼゼロになるような「下げの誘い」が有効なことも。
あまり激しい誘いは、ワカサギを散らしてしまうこともあります。

その4)
エサに紅サシを使う時は、半分程度にカットして、できるだけ小さくすること。
食いが落ちたな・・・と思ったら、マメに新しいエサに交換すべし。
エサを新しくすると、とたんにアタリが出たりします。
全部の針のエサ交換が面倒だな、と思ったら、とりあえず下のほうは重点的に換えましょう。
個人的には寄せ効果の高いブドウムシは使ったほうがいいと思います。
(上から二番目くらいに付けて、両端をカットして汁を出してやります)



冬の風物詩、ワカサギ釣り。
皆さんもチャレンジしてみたらどうでしょう。
ワカサギ唐揚げ、美味しいですよ~~。


それにしても、先週行った300号オモリの沖の瀬キンメと、
今回のワカサギって、なんか凄い落差?だな・・・と思ったりして。
しかし、どんな釣りでもホント面白いもんですね!



営業部 テルchanでした~~
スポンサーサイト

| ワカサギ | 22:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011.10.2 芦ノ湖ボートワカサギ

どうも。

営業部テルchanです。

10月2日、芦ノ湖へブラリと行ってきました。
前日の10月1日は娘の運動会で、雨天の場合は翌日になるとのことだったので、
2日も予定を空けておいたのですが、幸いにも1日はまずまずの天気。
無事に運動会が行われたので、2日は珍しくポッカリと予定が空きました。
こんな時は、何をするかはともかく、まずは芦ノ湖。
私の家からは、朝だったら45分くらいで着いちゃう近さなのです。




1.芦ノ湖

湖上にはワカサギを釣るボートがたくさん浮かんでました。
湖に着くまで、朝だけヘラ?それともバス釣り?ワカサギも食べたい・・・
などと色々考えてましたが・・・食欲が勝り、ワカサギに決定。




2.家族連れ

やや曇り気味ながら、風も弱く、湖上には家族連れやカップルも多く見られました。




3.フリゲート

私の道具は、お気に入りのフリゲート・ワカサギ並継160。
誘いやすくバレづらい、この竿の調子は抜群です。
仕掛けは「空バリ」つまりエサを付けなくてもOK。
透明度の高い釣り場で、植物性プランクトンをワカサギが食べている時は、
空バリが効くと言われています。空バリはやっぱり楽チン。
エサを付けなくて済むので、女性にもいいですネ。




4.パパ

午前中は一人で釣りしてましたが、友人のMさん(通称パパ)から電話があって、
「今、芦ノ湖でワカサギ釣ってるんだけど、一人で淋しいから来ない??」と誘ったら、
一時間後にパパがやってきました。
竿は、自分が貸してあげたテイルウォーク・シルヴァーナ瀧SP511UL-R。
トラウトもしくはバス用のウルトラライトくらいのロッドでも、代用できちゃいます。




5.ワカサギ

釣ったワカサギの一部。
この日、自分は300匹超(正確には数えてません・・・)。マァマァです。
釣った魚や料理を写真で撮ろうと思ってたのに、結局撮らずじまいで・・・
最後に残っていた、人にオスソ分けする分だけ写真で写しました。



芦ノ湖ワカサギは、いよいよ最盛期。
ここのワカサギは、毎年宮内庁に献上されるほどなんですよ。
つまり、美味しい!!

秋晴れの下、ワカサギのボート釣りはいかがですか?


芦ノ湖漁協HP

| ワカサギ | 22:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワカサギ穴釣り~長野県・松原湖

皆さん、お寒うございます。

で、この寒い中、ワカサギの穴釣りに出かけてまいりました。
まあ、寒くなきゃ出来ない釣りですから。

行ってきたのは、長野県・松原湖。
中央高速・須玉ICから1時間ほど、八ヶ岳のふもとにある小さな湖です。


1.松原湖

ようやく明るくなり始めた頃。湖上にはワカサギテントがあちこちに張られています。
山の上に月が浮かんでました。



3.テント

これが私の小さな城。
テントの底がない、ワカサギ用テント。
今までは、テント無しの露天で釣りをしてきましたが・・・とうとう買ってしまいました。
意外と安い(6000円くらい)。
レンタルすると、2000円とかしたりするので、3回でモトが取れる、という計算。
しかし・・・ここのところ、かなり色々な釣りに新たな投資をしているので、フトコロ厳しい・・・
というか赤字状態です。それもかなり・・・ムムム・・・。




2.アイスマン

竿はもちろん!「アイスマン SS/S」。この竿、エイテックの名作と言って良いでしょう。
仕掛けは穴釣り用の5本針に1グラム程度のオモリで、オモリの下に底針を付けます。
今回、ワカサギのサイズが4センチ程度と非常に小さいので、針は秋田狐の0.5号。
針、ちいせぇ~~~。
でも、0.8号だと、掛かりが悪くなっちゃうのです。
エサはラビットという小さなサシを使うのですが、
朝の寒い時に、小さな針に小さなエサを付けるのは一苦労。
オマケに、付けたラビットをハサミで切るという作業まであります(汁を出すため)。
ちなみに、普通はこんなに竿を立てません(写真撮りのために立ててます)。



4.釣り女

今年は「釣りガール」とやらが増えるそうですな。
しかし、このヒト、ずいぶん前から「釣りキチガール」。
池原ダムへのバス釣り遠征とかオフショアジギング、
そして当然のごとくエサ釣りモロモロまでやる超・本格派釣りガール。
ウカウカしてると・・・負けます(特に「粘り」が必要な場面では、女性は強い!)
ところで、熱燗美味しそうですね。



6.笑顔

そして、こちらは釣りボーイ?
このコがまたホントに穴釣りがウマイ。
集中力と反射神経で、大人をアオリまくってました。
実際、アワセのタイミングは、穂先がホンのわずかに入るその瞬間なので、
それをじっと見る集中力と、バッチリのタイミングで合わせる反射神経が必要。
その後の「プルプル」で合わせても、遅いのです。
お酒飲んだりツマミ食べたりしてる大人がかなうわけない??
しかし・・・いい笑顔ですね。見てるこっちまで嬉しくなります。



5.そり

と思ったら、釣りガールと釣りボーイは、いつの間にかソリ遊びしてました。



6.釣り子供

で、これが今回みんなで釣った成果です。
この子たち、程度の差こそあれ、ちゃんと穴釣りを楽しんでました。
ワカサギは、泊まった宿で美味しくテンプラにしてもらいました。
ワカサギのサイズが小さいので「ワカサギかき揚げ」になってました。
ちなみに、サイズが小さいのでさほどには見えないかもしれませんが、
たぶん700匹くらいいます(大人子供合わせて12人の合計です)。
お酒飲みつつやってたワタクシは70匹くらいでしたケド・・・なにか???



てな感じで、冬の風物詩「ワカサギ穴釣り」を楽しみました。
今回行った松原湖は、東京からのアクセスも良く、湖に行くまでは八ヶ岳の眺めが抜群。
そして湖のすぐ近くには、小海リエックスというスキー場があったり、温泉があったりと、
冬を楽しむのには、とても良い場所です。
今シーズンは、松原湖の本湖と、その隣の長湖とも全面解禁しています。
長湖は、サイズこそ小さいものの、数はまだまだ釣れていますので、
穴釣り入門には最適な状況が続いています。
ただし、長湖でもテントやドリルなどのレンタルが出来るかは、現地に確認して下さい。


皆さんも、「穴釣り」にチャレンジしてみてはいかがですか。
見て分かるとおり、家族連れでも楽しめます。
(ただし、過剰なくらいの防寒と、道中の雪の具合には気を付けて下さいね)

松原湖ワカサギ情報はコチラ
このHPから入れるブログにも色々と詳しいことが書いてあります。


(釣行日:2011.1.22)



営業部 テルchanでした。

| ワカサギ | 00:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワカサギ忘年会

12月27日。

我がエイテック社の有志一同にて、山中湖へワカサギ釣りに行ってまいりました。



1出船

出船は午前6時半。船に乗り込む頃は、まだ薄暗いのです。



7.船内

これがドーム船の中。10年前には、ほとんど無かったドーム船ですが、
今では山中湖のあちこちのボート屋さんでドーム船があります。
イスあり、暖房あり、電気ポットや電子レンジまで完備!
もちろんトイレもあるので女性も安心。とにかく、とても快適!!
(残念ながら船内は禁酒です・・・



2.3匹

かなり渋い状況の中、3匹掛けはお見事!なのです。



4.富士

雪の富士山が素晴らしい。冬の山中湖ならでは。



5.青木さん

サボリのチャンプ?A木さん。
タバコを吸う場所もちゃんと用意されています。



8.秋山さん

そしてホントのチャンプ、A山さん。竿2本使いで、当日の竿頭。
3ケタ釣ればかなり良いという日でしたが、3ケタを楽々オーバーしてました。



3.アイスマン

私のタックルは「アイスマン」。山中湖のドーム船にはS/Mがベストマッチ。
道糸はPE0.3号。エサはサシ。
しかし、ワカサギが得意な知り合いに薦められ「ブドウ虫」も付けました。
もちろん、ワカサギに対しては大きいエサなのですが、ブドウ虫の「汁」が「コマセ」効果になるのです。
ヤル気のあるワカサギは、ブドウ虫を付けた針にも掛かってきます。
(ブドウ虫は半分にチョン切ります)
扁平穂先の竿には、センタクバサミのようなロッド立て(オレンジのやつ)があると良いですよ。



6.田中さん

当日の船長は田中さん。山中湖を良く知る大ベテラン。
あまり慣れていない人には、親切丁寧に教えてくれます。



10.加藤さん

チャンプA山さんの次に釣ったのは、なんとワカサギ初体験のK藤さん。
両親ともに超釣り人という、その血筋がモノを言う!?



11.解散

釣りが終わった後も、ナンタラカンタラと楽しいひと時。
みんなで遊ぶと、どんな釣りでも楽しいですね~。



12.船

今回お世話になったのは「旭ヶ丘観光」さん。
旭ヶ丘のセブンイレブンのすぐ近く。
ホームページはこちら⇒http://www.asakan.gr.jp/
ありがとうございました。



真冬でも快適に楽しめる山中湖のドーム船ワカサギ。初めての人でも楽しめます。
ただし、標高が高い場所なので、路面状況には気をつけてお出かけ下さい。
ちなみに、山中湖周辺には、いわゆる「日帰り温泉」がいくつかあるので、
帰りに寄って行くのもいいですぞ。


さて!
私、明日は「釣り納め」です。友人と仕立てで、ビシアジ&アマダイ。
夜は、それらをオカズに忘年会(オカズに出来るといいナ)。
とても楽しみです。


釣り納め、釣り初めに出かける方に、幸運がありますように!



報告は、営業部テルchanでした。

| ワカサギ | 23:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の信州でワカサギ満喫。

週末に長野へ行ってきました。



長野1

行きの車中からの景色。北アルプスは、既に新雪たっぷり。
空の青とのコントラストが、本当に綺麗です。



長野2

やってきたのは木崎湖。長野県中部の「仁科三湖(にしなさんこ)」の一つ。
紅葉(というか今年は黄葉のほうが多い)の中、ワカサギを釣るのはいいもんです。



長野3

ワカサギ釣りは、家族で楽しみやすい点がいいですね。
娘が使っているのは「フリゲート ワカサギ 並継150」。



長野4

自分のお気に入りは「フリゲート ワカサギ 並継160」。
アタリが取り易く、ノリもいい竿です。
ドーム船ではない通常のボート釣りでは、100~160センチくらいの竿が扱いやすい。



長野6

もう一人の娘が使っているのは「竹龍ワカサギ ソフト60」。
この竿は、使わない時は穂先をグリップ内に仕舞いこめるので、
カバンの中にも楽に入れられる点もいいですね。


長野5

一緒に行った友人の息子は、小学生ながらもいっぱしの釣り人。
オフショアのルアーにも行ってしまうほど・・・先が楽しみです。



長野7

のんびりと午前10時過ぎから釣り始めたのですが、お昼休みをはさみ、
午後3時頃までに約800グラムほど釣れました。
(親子4人の合計ですが・・・)
周りの釣れ具合や、時間帯を考えるとマアマアかな。
最初は苦戦ムードでしたが、途中、魚探で丁寧にポイントを探し、いいところを見つけることができました。



長野8

こちらは今回お世話になったモダンボート店長の伊藤さん。
親切な方なので、なんでも聞いてみよう!
今回はありがとうございました。

モダンボート http://kizakiko.jp/


木崎湖のワカサギ釣りは、ここ何年も調子が良く、数もサイズもバッチリです。
この日も、自分たちのようにグータラフィッシングではなく、朝からガッチリ釣りをすれば、
一人で2キロくらいは釣れたことでしょう。
秋の信州でワカサギを釣って、温泉に入り、新雪の山と紅葉を眺めるのもいいものですよ。



営業部 テルchanでした。


| ワカサギ | 01:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワカサギ・・・あ~ワカサギ・・・

 凍りもほぼ溶けている桧原湖。釣りに行ったのやら宴会に行ったのやら・・・
ドーム船は貸切状態。
wakasagi1























wakasagi2







































wakasagi3


















































| ワカサギ | 01:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。