フィールドレポート

アルファタックルテスター&エイテック社員ブログ 釣果情報や新製品フィールドテストなどetc・・・

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

身近なビッグターゲット、駿河湾バラムツ!

10月17日、毎月恒例の社員釣行は沼津へ。

01清掃
釣りをする前に、まずは海岸清掃。日本釣振興会で毎年行う「水辺感謝の日」なのです。
我がエイテックスタッフも、自然に対する感謝の気持ちを込めて、清掃活動をさせてもらいました。
これでも今年はゴミが少ないほうです。釣り人が捨てたっぽいゴミはひじょうに少なかったです。


02メッキ
清掃活動は約2時間、夕方6時出船まで時間があったので、港でチョイ投げして遊びました。
アルファフィッシング・ムービーでお馴染みのなおちんも、メッキ釣ってゴキゲン。さらに謎の怪魚まで掛けてました(笑)。
その様子は
なおちんのtailwalk BREAKTIMEでご覧になれます。


1出港
当日は午後6時出船。狙うはバラムツ。
バラムツ、アブラソコムツともに、大きなものは30キロオーバー。水深数百mに生息している深海魚だが、岸近くから水深が深い駿河湾では、航程わずか10分でバラムツの生息圏となる。まさしく身近なモンスターフィッシュ。
夜間には浅いところまで浮上してきて、水深100m以浅で釣れることは珍しくない。

2_20151027120041da2.jpg
ポイントに着いてさっそくヒットさせたのはベテラン・アッキー。船長の指示ダナは100m。

3_20151027120043ae6.jpg
アッキーのタックルは、ウルトラV10 231+電動リール300番プロト。
今回は、スタッフおのおの、アルファタックルの船竿もしくはテイルウォークのルアータックルと、自分が使いたいジャンルのタックルで挑んだ。アッキーは、魚が掛かっている時、電動リール300番プロトに過剰な負荷をかけてみる(できるだけ速いスピードで巻く)などのテストも兼ねた。

4_201510271200453c3.jpg
船釣りに慣れているイイザワだが、この日はあえてルアータックル。
テイルウォーク・ソルティシェイプダッシュ ジギングS63-180に、オクマ・アゾレス8000の組み合わせで、バラムツ/アブラソコムツ計4本を釣り上げて、ベテラン・アッキーとともに竿頭。体重があるのでファイトが楽そう(笑)。
ルアータックルの場合、200~300グラムのメタルジグにサンマやスルメイカの切り身を付けるのが駿河湾スタイル。
今回は、とにかく大きな魚とファイトすることが目的なので、ルアーオンリーのこだわりはない。

5_20151027120046e5c.jpg
イイザワが釣った25キロと、ユースケの10キロ(ないか・・・)。バラムツ・アブラソコムツは、深海魚だが浮袋での浮力調整をする魚ではないため、記念写真を撮ったあとでも、水中に放すと元気に帰っていく。

7_20151027120110ebc.jpg
今回のクライマックスは・・・なおちんのビッグファイト!
アタリがあってもなかなか乗らず、ラインブレイクもあって苦戦していたが、とうとう掛けたその魚は・・・

9_20151027120113370.jpg
なんと35キロのビッグサイズ!
格闘すること約25分、ロッドパワーを存分に活かし、小さな体で見事なファイト!
これもしっかり動画に収めたので、ぜひご覧ください。
なおちんのtailwalkチャレンジ!駿河湾バラムツとビッグファイト!

8_20151027120111c6b.jpg
今回、なおちんもリールはオクマ・アゾレスを使用。
サイズは5500番、PE3号+80ポンドリーダー。ロッドはテイルウォーク・ゴーシャンS64L。
オクマ・アゾレスは、剛性感高く、ドラグも安心感があって、大型魚とのファイトでも不安はない。とても定価13,000円のリールとは思えない。さすが、アメリカで鍛えられたリールだ。

今回は約4時間ちょっとの実釣時間ながら、8名合計18本(実はもっと釣ってたらしいけど)。この釣りとしては、まぁまぁな釣果で満足です。
残念ながらアブレてしまったメンバーもいたものの、それでもしっかりファイトはしてました。
喰い込まないアタリもかなり多く、短時間ながらもエキサイティングな釣りを楽しむことができました。


小さくても10キロ、大きければ30キロオーバー!
身近なモンスター、バラムツ&アブラソコムツ!
皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか!!


10_2015102712011434b.jpg
今回お世話になったのは、静浦港の「幸松丸」さん。
(船宿データー)
●幸松丸(こうしょうまる)
静岡県沼津市 静浦出船
TEL 090-2578-8218
幸松丸さんHPはココをクリック!

(釣行データー)
釣行日:2015.10.17(土) 6:00pm出船~11:00pm帰港
釣果:0~4本 船中合計18本 最大35キロ 10キロ前後多数
メンバー:朋ちん(池永) アッキー(秋山) ユースケ(青木) いないっち(稲井) 池田 飯澤 テル(柳沢) ←以上エイテックスタッフ ※スペシャルメンバー なおちん(井上直美テスター)

(タックルデーター)
●ロッド
○TW GOCEAN(ゴーシャン)C64M/S64M/S64L
ソルティシェイプダッシュ・ジギングS63-180/C61-150
○MPG ULTRA V10  231・232

●リール
クロシオ43PG
オクマ・アゾレス5500/8000
マーフィックスN4
DUAL MAX 500MSP
○電動リール300番プロト


●ライン PE3~6号+リーダー フロロハリス剛柔フロロハリス剛柔 20~24号
●メタルジグ ZESTクラーケンメタルスーパーディープ300グラム(夜光シールを貼ると良い場合も多い)
●フック:ルアー用シングルフック#6/0、クエ針30~35号など
(ケミホタル75をフックに装着、場合によっては外す)
●エサ釣り仕掛け:先糸ナイロン130ポンド1.5m/鋳込みテンビン100号/フロロハリス剛柔20号3m/ステンレス・トローリングフック#9/0(スリーブ留め、チモトに夜光チューブ)
●エサ:サンマ/スルメイカ切り身

注:バラムツ/アブラソコムツは、魚体にWAX成分が含まれており、WAXは人の体では消化できないため、食べるとひどい下痢症状となります(商業的取引も禁じられています)。








スポンサーサイト

| 船釣り | 17:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。