フィールドレポート

アルファタックルテスター&エイテック社員ブログ 釣果情報や新製品フィールドテストなどetc・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明石タコに行ってきました!

日本の名海産物の、最低でもベスト5に入るのではないかというのが「明石タコ」。
関西の超人気釣り物ですね。

で、行って来ました「明石タコ」。
船のタコ釣りは、恥ずかしながら初体験でしたが、最初に言っちゃうと、ものすごく面白い釣りでした。
タコがガバッとテンヤにのしかかり、ぐいっと竿が重くなる、みたいに勝手なイメージをもっていましたが、いやいやいやいや、そんな大雑把なものではなく、きちんと誘って、最初の触りをしっかり感じて、ちょっとずつ抱かせて・・・ひじょうにゲーム性が高い釣りでした!

1.jpg
こちら(東京)では、タコ釣り用品はそんなに多くないので、今回は前日に早めに大阪入りして、自分のホテルから一番地理的に行きやすい「フィッシングイチバン(池田店)」さんに行って、しっかりタコ用品を買わせていただきました。細かくアドバイスいただきましたHさん、ありがとうございました。

2_20150619132215539.jpg
自分が乗った船も満船でしたが、海上で行きあう船も同じ状態。
タコ好きのみなさん、仕事してますか~~~(笑)。

3_201506191322173c8.jpg
今回は、テンヤももちろんやりましたが、メインはタコエギ。これがまたものすごく面白い。
誘って乗せていくプロセスがたまりません!
実は既に動画をアップしてあるので、それもご覧ください。
これを見てもらえれば、いくらかでもその面白さが伝わるのでは・・・。
アルファタックル 明石タコ動画はここをクリック

4_201506191322181b2.jpg
アワセが決まって、ズシンと重みが乗る瞬間がたまりませんね!

5_201506191322200d5.jpg
タコにタコチューしようとしましたが、もし顔にひっつかれたら・・・と思うとビビってしまい、ここまで近寄るのが限界でした(笑)

6_20150619132242021.jpg
当日は、雨の影響によって、タコが嫌う「水潮」状態だったようで、常連さんいわく「今季一番厳しい」状況。
自分はやっと10杯でしたが、かなり頑張ったほうだったようです(32名中、ツ抜けは5~6人しかいなかった)。

8_20150619132245e83.jpg
9.jpg
今回お世話になったのは、兵庫県・明石港の「丸松乗合船」さんです。
ありがとうございました! また行きたいです!

●丸松乗合船
TEL 078-912-7039
丸松乗合船HPはココをクリック

7_20150619132244d9d.jpg
船タコ お薦めタックル(上から)
※説明分の下の商品名をクリックすると、HPの各製品ページを見ることができます。

●沖釣工房 明石タコ 180掛LTD+エランワイドパワー71BR
・沖釣工房 明石タコ 180掛LTD
今年発売、もはや店頭でも売り切れ寸前の人気ロッドが明石タコ180掛LTD。ノーマルモデルより先調子なので、今回の場合はタコエギを積極的に操作するときに良いと感じました。
沖釣工房 明石タコ180掛LTD
・エランワイドパワー
タコ釣りに最適!と言いきれるほどに使いやすいのが、エランワイドパワー71BR(左巻きBLもあります)。
ドラグMAX12kgで、大きなタコでも安心(今回はキロオーバーは釣れませんでしたが・・・)。
巻き上げトルクも強く、シングルのパワーハンドルは力強い巻き取りに一役買っています。
タックル全体の操作性を高めるロープロ形状もGOOD!
とにかく、船タコには、このリールを力強くイチオシします!
元々はジギングリールなので、ジギングもやる人には、さらに超イチオシ!
値段も定価17,000円と、決して高くないのもいいんです。
エランワイドパワー

●沖釣工房 明石タコ180+ハマー600S
・沖釣工房 明石タコ
沖釣工房のノーマル船タコ竿。180掛LTDより、じゃっかん穂持ちが入るような調子なので、テンヤ(タコエギ)を底から離さない、という基本操作がやりやすい。バットは、充分以上のパワーがあります。
沖釣工房 明石タコ
ハマー600S(Sはシルバーカラーの意味です。B=ブラックです)
元々はカゴ釣り用リールで、しかも遠心&マグネットのデュアルブレーキ仕様なので、船でのチョイ投げも楽々。タコ以外の船釣りにも使えます。
ハマー600

●ショートアームLC 80号モデル+オクマ・クラシックXT
・ショートアームLC
アルファタックルの超ロングセラー・多目的ロッドの最新モデルが「ショートアームLC」。これの80号モデル(150と180の長さあり)は、昨年も船タコ用でひじょうに売れたモデル。7:3調子なので、各種の船釣りにも使えます。オールソリッド・バットジョイントで強度も不安なし。
ショートアームLC
・オクマ クラシックXTシリーズ
ひじょうに安価、そして頑丈なリール。200番と300番がタコにお薦めサイズ。ショートアームLCとの組み合わせは、ちゃんとした船タコセットとしては、最安?くらいのコストパフォーマンスです。
オクマ・クラシックXT

●その他のタックル
・タコエギ25グラム
・タコ集寄(タコエギの場合は、感度を優先させて、集寄は1つだけにすると良い。エギの50cmくらい上に装着)
・六角オモリ50号(タコエギの場合の下錘)
・タコエギ用接続スナップ
・アシスト工房 キャノンテイル(タコエギに付けるトレーラーワーム)
・道糸はPE4号(今回は4号でしたが、3号で充分です。3号のほうが潮切れが良く、お薦め)
・タコテンヤ60号(手釣り仕掛け巻き付き)は、船宿でレンタルできるので、初めての人で道具無くても大丈夫!
・リーダー部 フロロ12号(パワーアイ フロロハリス剛柔)
パワーアイ

あ、そうそう、タコ釣りの際は、リールのドラグをとにかく締めておきましょう。
自分は、ドラグの締め込みが甘く、最初の1杯めをバラシちゃいました・・・
みなさん、せっかくのタコを逃さないためには、ドラグのガッツリ締め込みをお忘れなく!

そして、月曜日に出社すると、企画開発のタケちゃんマンと、新人営業マンのイイザワくんが、週末にそれぞれ別の場所でタコ釣りに行っていて、いきなりタコ釣りバナシで盛り上がったのでした。

船タコ! そしてタコエギ!
 
こりゃ~~~~ホントに楽しいっす!

またタコをやっつけに行こうと思います!


PS 
今回は、フィッシングイチバンさん、丸松乗合さん、そして船で隣だったアシスト工房の和田さんと、行きあった人にも恵まれて、大変ありがたかったです。重ねてお礼申し上げます。

PS2
今回は「関西のつり」の取材でした! 7月10日発売号(8月号) TERU×TERUフィッシングに自分の書いた記事が掲載されます。ぜひご覧ください!

by 企画開発 テル柳沢でした。
スポンサーサイト

| 船釣り | 14:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://alphatackle.blog27.fc2.com/tb.php/271-d14f273e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。